不眠・睡眠障害の鍼灸治療について

睡眠とは必ず覚醒が可能な周期的に繰り返す意識を喪失する生理的な状態のことをいいます。

眠りにはリズムがあり「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」があり睡眠中は交互に現れて平均90分おきにレムとノンレムを繰り返しています。

レム睡眠:体は休んでいるけど脳(大脳)は比較的活発な状態でまぶたの下では眼球が動いている状態。

ノンレム睡眠:レム睡眠ではない状態にのことで、体も大脳も休職状態にある状態。

●不眠症とは??

定義:
不眠の訴えが週2回以上かつ少なくとも1ヶ月間続いている。不眠の為に自らが苦痛を感じるか、社会生活または職業的機能が妨げられること。

【分類】

入眠障害
寝付くのに30分~1時間以上かかり苦痛と感じている。不眠障害では訴えが最も多い

中途覚醒
睡眠中に何度も覚醒してしまいすぐに寝付けない。中高年・高齢者に多く見られる。

早期覚醒
自身が望む時間より2時間以上早く覚醒してしまう。高齢者によくみられ、うつ状態でも現れる。

熟眠覚醒
しっかり寝たはずなのに熟睡感が得られない眠りが浅い状態。睡眠時無呼吸症候群や周期性四肢運動障害などの病気が隠れている可能性がありますので医療機関への早期受診をオススメします

【原因】

・身体的要因:疼痛等の症状

・生理学的要因:生活環境

・心理的要因:ストレス等

・精神的障害:うつ病など

*治療方針*

神経的興奮を沈め、全身の調整を行い悪循環を断ち切る。
使用穴一例:百会・顖会・完骨・失眠・四神総・内関

*睡眠障害対処の指針*

・刺激物は避ける。就寝前4時間前のカフェイン等摂取しない

・就寝時間は気にせず、しっかり眠気を感じてから床に就く

・同じ時間に起床する。

・朝目覚めたら日光を取り入れ体内時計をオンにする。

・規則正しい3度の食事と運動習慣

・昼寝は長くても20分までにする。

・寝酒は睡眠の質を低下させ不眠の元になる為なるべく止める。

セルフケア

失眠:踵の真ん中
【効果】睡眠障害のほか神経症や足の疲れに対して

【圧し方】握り拳をつくり人差指の第2関節部分を使って圧したりやゴルフボールを使い軽く踏むように圧す。

失眠(しつみん)

百会:両耳を結んだ頭の頂点
【効果】ストレスの緩和やリラックス、自律神経を整える。
【圧し方】頭を包み込むように両手を当て人差指を重ね中心に向
かってゆっくり圧す。全体的な頭皮マッサージも行う
とより効果が高まります。

百会(ひゃくえ)

体内時計の働きを司るホルモンであるメラトニンの材料となるトリプトファン(必須アミノ酸)を含む食品を摂取することや日光に当たる事が大切です。トリプトファンを多く含む食品は大豆製品、乳製品、ピーナッツ、バナナ、ごま、穀類といったもので無理な減量やよほど偏った食生活をしていなければ自然と口にしている物だと思います。

睡眠は生活する上で必ず必要なものです。

睡眠不足により情緒が不安定となり生活に支障をきたすだけでなく、うつ病へ移行するリスクがあります。

個人差はありますが施術により身心の疲れを取りながら自律神経系を整えることで睡眠導入剤等を使わずに済むようになった方もいらっしゃいます。

最近は特にコロナウイルス関連による不安感からくる身心の不調のご相談が多くなっています。

お薬による治療も大切ですが、まずは身心をリラックスさせる事に鍼灸マッサージ治療をぜひご検討下さい。

治療のご相談等はお電話やLINE公式アカウントからお気軽にどうぞ!!







#松戸 #鍼灸 #うつ病 #不眠

関連記事

  1. 顔面神経麻痺の鍼灸治療

PAGE TOP